わたしの気持ち

同担拒否 ぼっちで追っかけるのが好き

たまには思い出に浸ってもいいじゃないか

※超・自分語りです。自分の気持ちをまとめたいばかりに思いの丈を支離滅裂に綴っているだけです。








ふと思ったこと。


懐古厨(死語?)と言われようと、たまには思い出に浸ってもいいじゃないか。

現場で辛いことが多かったあの時期でも、確かに楽しいこともあったのは事実。


推しのファンになりたての頃。

他にファンの知り合いもいないわけだから、推しと自分だけの関係だけで良かった。学校の友達にずっと語ってた。幸せだったなぁ。

昔の雑誌の記事やフライヤーを見返すとね、どうしてもその時に戻りたくなる。

まだ高校生だったから(バイト禁止の学校だった)、親がお金を出してくれて行けたはじめての現場。

たった1公演しか行ってないのにね。

はじめて生で見た推しはかっこよかった。舞台の公演が終わったら、両親が会場前で私のお迎えにきてくれてた。「楽しかった!ここまで連れてきてくれてありがとう。」まだまだ子供だったあの頃は、周りの人に助けてもらいながらあなたに会いに行った。もう戻れない、何よりも大切な思い出。

大学生になってバイトをしてはじめて舞台全通したあの頃。何もかもが目新しかった。今は離れてしまった仲良しだった同担もいて。まだまだ同担のことを信じきっていた。5~6人の打ち上げにも参加したこともある。今の私だったらありえない…!Twitterも流行っていない頃だったから、他のファンを気にすることも少なかった。

それが…いつからだろう。

私が同担拒否になっていった経緯を思い返すと、確かあの頃だと思いあたる時期がある。

まず、そのはじめて参加した打ち上げで、自分以外の人が推し大好きと言っているのがもやもやした。いや、ファンの集まりなんだから当たり前なんだけどねぇ…(笑)参加したのを後悔しながらお酒をちびちび飲んだ。

そして、この頃になると私も現場に顔を出す機会が増えていたから、なんとなく他のファンの顔も覚えてきていた。でも、話すわけではないから嫉妬はあまりなかった。

それが、SNS主にTwitter(昔ならmixi、モバゲー、アメブロ…。あ、JUGEMブログ懐かし!)という存在でファンを特定できるようになってしまった。大抵はその人が服装を上げていたり、写真を上げてなくとも呟きのなかで点と点が繋がって特定できることもある。

その人が普段、推しに対してどんな熱い気持ちをもっているのかとか。推しに何をしてもらったのか、どれだけ現場に行くのか、フォロワー同士の寒い、フォロワーの◯◯ちゃんはじめて会っためっちゃ可愛かった!という誉めあいとか。

え?私が実際に会場で目にした、あのブ……集団がネット上ではキャピキャピしてる。

打ち上げ写真はたいてい乾杯前のグラスを並べたやつ(笑)私たちこんなにも楽しんでます!どうでしょ、すごいでしょ!というのが伝わってきて、なんか痛い…。Twitterがなかったら、知らずに済んだけど。検索したら出てくるところに書いてほしくない。推しの名前を出すな。

でも、その人達がどんなに輪を広げようと私に害はない。そう言い聞かせて、スルーせねば。たまにイラッとするけど(笑)


そして、会場での振る舞いも余裕が出てくると、周りを見渡す余裕が出てきた。


その時気づいてしまった。女の人ってどの世界でも集団になると気が強くなるんだなぁと。


近くにいる人の悪口をこそこそ話したりね。しかも理不尽なやつ。私も一度標的にされたことがある(笑)なに?嫉妬ですか?てスルーした(笑)

そうやって悪口を言ったり、自分達だけが良い思いをしたいというのが透けて見える集団を目にする機会が増えていった。最近は減ったのか遭遇率低め。私が意識的にかぎ分けて近くで待ったりしないようにしているだけかも。


でも、言われてもよい(?)悪口もあるかもしれない。

それは、自分に非がある時。

私が言われて感謝していることは、まだ現場慣れしてない頃、先に会場から出て、別の席にいた友人が出てくるのを入口前で待っていたことがあった。

そしたら、ある集団の一人(推しのファンであるのは明らかな人)が「ここに立ってるのは迷惑だよね~」と私を見ながら通りすぎていった。

その時、あ…私、確かに邪魔になってるかも?と気づけてもう少し入口から離れて友人を待つことにしました。あのときの、おでぶパンク系さん感謝してま~す!直接注意してこないのは不愉快だったけどね!それ以降、他のファンに迷惑にならない行動を!と気をつけるようになった。


いろいろ書いててわかんなくなってきた。


同担拒否になっていった経緯

・同担と交流するようになってからのやきもち
SNSの存在
・集団の怖さ


これらは、自衛しようと思えばできていた。なぜなら、私には長年仲良くしていたある同担の子がいたから。何かあってもその子に愚痴れば良かった。その子は私以外にファンの知り合いがいなかった。付き合いも長いから同担というよりももう友達。推し事以外の日でもその子と遊んだりしてた。

でも、親しき仲にも礼儀あり。具体的には書かないけど、最初はきちんとしてくれていたことが、なあなあにされて、もう無理だ~と思って我慢して我慢した末に縁を切った。

私の平穏な追っかけ生活は、その子と行動する限りできない…と見切って判断したこと。今でも正しかったのかはわからない。


そんな風に自分を守って、推しだけを見つめる「同担拒否ぼっち行動」というスタイルに変わっていった。


それと同時に努力の方向性も変えようかなと思う。


うじうじ大人しい性格では、推しだって私という人物がどんな人かわからない。りさ子のガチ恋~の観劇レポを読んで、気づいた。もっと推しに心を開こう。大好きな人なんだから。ぼっちでも図々しくいたもん勝ち!周りに迷惑かけない程度に(晒されない程度に)アピールしよう。

私は、推しのオキニになる!いや、なっている!引き寄せる。


でも、昔ばかり振りかえって、今の推しの活動を本気で追っかけていない私は、若い新規たちに負けている。

何もかもが目新しくて楽しいんだろうなぁ…。その気持ちわかるから。余計に眩しくて嫌いになるんだ。


推しのおかげで一人で遠征できるようになった。

夜行バス、新幹線、飛行機、それらに乗るのも新鮮で。しかもそれが推しのため、推しのおかげという感謝したい気持ちわかるよ。

全通するのが誇らしいのも。何もかもわざわざ公言しちゃいたい気持ちもわかる。握手レポ書いたり、自慢したり、推しへの好きっていう気持ちを突然Twitterで呟いたり。



わかるんだけど…。


気持ちがわかるだけで、私はわざわざネットで推しの名前を出した上で口にしたりしなかったんで。

浮かれてる新規や同担いなくなってくれないかな~。←結局、それが一番言いたかったこと。

ファッションとメイクの話

ブログを再開する数週間前から流行っている話題。

若手俳優オタのファッションとメイクについて。

流れに乗っておきたいと思うので、早速ですが、こんな記事から始めていきたいと思います。

こういうのって同担じゃないのが明らかなんで楽しんで読めるのであって、同担だったら読みたくない…。別に書くことが悪いことではないんですけど、同担だともしかしてあの人…?と特定できるじゃないですか。または現場で見かけたりするすでに知ってる人物だったりして。

推しは可哀想なんですけど、推しのファンは明らか可愛い・綺麗なファンが年々減っています。ステージから見て何を感じてるんだろ。おばさんや芋っぽい学生ばかり。そんな私も身なりに気をつかってるとはいえ、垢抜けれないまま。もう10代のような無敵な気持ちは持てないし。あの頃は何も怖くなかった。自分がファンのなかで一番カワイイ!と思ってたなぁ(笑)


最近やっと気づいたことが、ジャニヲタのブログやTwitterを見て、外見の大切さ。これ、推しにどうしても見てもらいたい、ファンサがほしいなら大事。

中途半端に真ん中から推しを見つめて。前列の人ばかり良い思いをしてるのがつらかった。お金は減る一方なのに、不満な気持ちのまま会場を後にしていました。

地方から必死に追いかけてた回数、一回でも減らしてたら、もっと自分に投資できていた。それで綺麗になったほうが、推しにも綺麗なファンがいると思ってもらえて効率いいのでは!?と気づきました。


全通するブスよりも、たまに来てくれる綺麗なファンのほうが贔屓されるよな普通。


そんな感じで年内は、もしかしたら現場に行かないかもです。それまでに少しでも綺麗になるんだ~!その間にもしも推しが炎上したり結婚してしまっても、磨いた外見は自分に残るし!


前置き?が長くなりましたが、私のスペックや愛用品などつらつらと書いていきます。



身長は160㎝台後半。ヒールを履くと170越えます。着席スタイルの現場はヒールがある靴を履いていきます。それ以外は空気を読んでローヒールにしたり。

BMI18.5なので痩せてるほうだと思うのですが、もう少し体重を落としたいです。ウォーキングが一番痩せるのに効果がありました。今の時期は暑いので控えてます。

好きなファッションブランドは、ロディスポットです。かれこれ7、8年好き。アラサーにもなると可愛すぎてきつくなってきたので、ロディスポットのなかでも吟味して選んでます。もう膝上スカートやリボンのたくさんついた服は着れなくなったなぁ…。ある日突然似合わなくなる。あれなんだろうね。年はとりたくない。

他には美人百花に載ってるブランドをたまーに購入します。高いからなかなか手をつけれないけれど、安すぎる服も顔に似合わなくなっているので。地方なのでネットで買うことが多いけど、雑誌掲載品で結構なお値段するものでも、生地がペラペラなときがある。できるだけ店頭で買うのが一番…。


次は鞄。年はとりたくない(何度目だよ)
良い大人は良い鞄を持っておかなければならない!人は鞄と靴で人を判断する!わかります、わかるんですけど、どうしてもおざなりになるんです…。学生のときような、安っぽい鞄は持たなくなったけど、ブランド物なんて持ってない~。お金に余裕ができたら考えます。

鞄のサイズは観劇が多いからA4が良いんだけど、鞄が大きすぎると人に当たったり、重くて肩が痛くなるので、最近は小さめの鞄で観劇いってます。フライヤーはサブバッグに入れたり、観劇前に服を買ってたらそのショッパーに入れたり。


メイクは自分にとっての神コスメを模索中。化粧が落ちやすいので、落ちない!が最優先。

化粧下地は無印のコントロールカラー ブルーを使用。塗りすぎるとおばけになります。くすみが消える、安い。やっと出会えた下地です。

コンシーラーはイヴ・サンローランの2番。クマは完璧に消えませんが、ハイライト効果でぱっと目元が明るくなります。昔、IKKOさんがおすすめしていてからずっと愛用。

ファンデはこれ!というのが見つからない。塗り立てはいいんですけど、夏は汗をかくと落ちる。マキアージュも24hコスメもエスプリークもだめだ~。チャコットが一番落ちなかったけど舞台用…。日常使いは肌に悪そう。まだまだ探し続けます。

フェイスパウダーはプリマが無くなりかけ。でも可もなく不可もなく。今度は他のもの買ってみます。

チークは、ブランドのこだわりはなく、自分に似合う色を選んでます。パーソナルカラーが夏タイプなので、ローズピンクを選ぶことが多いです。絶対にオレンジなんてつけれません。似合わない。

リップも落ちにくいもの。レブロンのクレヨンリップを使ってますが可もなく不可もなくなので変えようと思います。オペラのリップそろそろ買ってみます。

アイブロウはexcel@コスメ1位のやつです。何年も愛用してるけど似合ってるのかわからない。雑誌掲載・鉄板アイテムのKATEのアイブロウパウダーも使ってみたい。

アイメイクは、奥ふたえなのでなかなか手強いです。

まず、舞台等暗いところではアイテープでふたえにしていきます。接近戦では、推しにアイテープが見えてしまわないか不安なので、つけません。前日の夜に家のなかでもアイテープを貼っていると次の日の朝奥ふたえがいつもよりも見えてる気がします。

アイシャドウは、仕事の時はexcelのブラウンシャドウ。休みや遠征のときは、ジルスチュアートのアイシャドウでラメきらきら~とさせてます。ラメが飛び散る問題に悩み中。アイシャドウベースをキャンメイクから高いのに変えるか、塗る量を減らすか…。練習あるのみ。

アイライナーは、押切もえちゃんがパッケージにのってるやつ。今のところ滲まないから好き。目尻はすぐ落ちてるけど。

マスカラは三喜のステージマスカラです。舞台用だから落ちません。短い私の睫毛を人並みの長さにしてくれます。推しに会うときは付け睫やマツエクをつけることが多いです。


ヘアアレンジはたま~に。もっと器用になりたい。



つらつらと書きましたが、もっと自分に似合うものを見つけて綺麗になりたいです。推しに会うのをお休みするぶん頑張ります。

自己紹介

はじめまして。さくらと申します。

実は、数ヵ月前に同じタイトルではてなブログをやっていました。あの時は突発的にブログを削除したんですけども、もったいなかったな…と思い直してまた始めることにしました。前のブログでは何名か読者登録もしてくださっていたので、あれ?こいつは昔読んだことあるぞ?と思い出してくれましたら嬉しいです。


簡単に自己紹介

20代後半

地方在住。東京へ行くには空の便が便利なところです。

一応、既婚者です。まだ子供がいないのでゆるゆると独身時代とあまり頻度も変わらず行きたい現場には行けています。


推しは年齢的にもう若手俳優ではない。でも、はてなブログ若手俳優グループの記事に共感してばかりなので、参加させてもらうつもりです…!

推しを追っかけて10年以上です。新規が鬱陶しいときもあるのですが、最近は古参だからと偉そうにしないよう努力してます…。ぼっちで行動していてTwitterもやってないので同担と直接張り合うことはほとんどないですが。


ブログの紹介文にも書いているとおり、「同担拒否でぼっちで行動」してます。

昔はそんなこともなかったんですが、同担とのいざこざに揉まれに揉まれ、疲れはてて一人で行動するのが楽だわと悟りを開きました。でもたまに、家族や地元の友達が現場についてきてくれたりします。そういう時はやはり心強いです。推しに会いに行ってるんだから周りを気にしないようにしよう!と試行錯誤するブログです。よろしくお願いします。

広告を非表示にする